ホーム » 日記 » しわにクリームが効かなかった理由とは?

しわにクリームが効かなかった理由とは?

■しわ対策クリームがちっとも効かなかった理由は?★
先日、高校の同窓会に出席したら同級生の男の子がとてもかっこよくなってバリバリ働いていて、
彼のハートをゲットしたい思いでコスメを見直すことにしました。(。・ε・。)

特に気になるのが、最近できた目元のしわ。いろいろな高保湿クリームを塗っても、
一向に改善されないので、根本的な見直しが必要だということが分かったんです。

それというのも、美人な、同じ同級生のA子が言うところの「敏感肌が原因」ということ。
せっかくのアドバイスを信じて、敏感肌についてもっと勉強することに決めました。

そもそも、敏感肌ってどんな状態のことをいうのでしょうか?

■敏感肌ってそもそもどんな状態?★
下記の項目に当てはまる方は、敏感肌の可能性が十分にあります。

1.仕事や人間関係などのストレスがあり、ニキビができたことがある
2.月経前はお肌の調子がすぐれない。
3.季節の変わり目や乾燥する季節は、お肌が荒れてしまう
4.化粧品を変えたら、お肌が赤くなったり、ヒリヒリしたことがある

これらに該当するのは、私も同じでした。ニキビは脂性肌になってるのかな?と思っていたし、
化粧品は単に合わないものを使っただけだと思い込んでいたんです。ガーΣ(`・ω・V)ーン

しかし、お肌が「バリア機能が弱っているから助けて!」とヘルプを出していたのですね。
このせいで、角層の代謝が必要以上に行われてしまい、未熟な角層になるのだそうです。

この未熟な角層では、本来のバリア機能が落ち、外部刺激をさらに強く受けてしまうのです。
私のお肌は負のスパイラルだったというわけです。

■バリア機能の代わりをしてくれるコスメなんてあるの?★
それでは、敏感肌による水分蒸発を食止めるために、敏感肌用のコスメがいかに必要かを実感しました。
人間の本来持つ、角層のバリア機能を正常に高めるために、「もうひとつの角層」として、代わりにバリア
してくれる化粧品が必要なんです。

この化粧品が徹底的に保護してくれている間に、お肌は本来の元気なターンオーバーを取り戻すことが
できるんです。

ただ、「代わりにバリアしてくれる」機能を持つ化粧品なんてあるのでしょうか?それには、肌表面を
ぴったりと覆い、水分蒸発を防ぎながら、ほこりや乾燥などの刺激から守ることが必要です。

それを満たしてくれるのが「敏感肌専門コスメ」なんです。また、バリアだけでなく「浸透」も
手伝って、セラミドがナノサイズ化されており、角層のすみずみまで浸透します。

そう、今まで使っていた化粧品の保湿成分は粒子のサイズが大きく、肌の奥までしっかり浸透してくれなかった
というわけです。

「外側からブロック」と「内側からうるおう」、両方が必要だったというわけですね。
もしこの両方が叶い、お肌がつるつるになったら、しわも自然と目立たなくなると思います。

それでは、上でご紹介した機能をもつ、とっておきの敏感肌コスメを後でご紹介しちゃいますので、
よかったら参考にしてみてくださいね。ヾ(≧∇≦*) 〃

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。